葬儀社と契約する時期

  • 葬儀の参列者に対して

    • 葬儀は故人との最後のお別れの儀式となるため、親戚や友人、会社の同僚、ご近所の方など、故人と縁のある方が大勢いらっしゃいます。



      そういった参列者の方へは、香典と御足労いただいたことへのお礼の品として香典返しをすることが一般的です。

      香典返しの費用目安は香典の半額程度となりますが、最近の傾向では、香典金額の3割、4割で返すことも増えています。



      品物としては、参列者にとって便利な物が望ましく、金券やカタログギフト、タオルやハンカチ、海苔などの乾物、お茶やコーヒー、石鹸や洗剤などの日用品、菓子折りなどが人気があります。



      どの参列者に対しても全部同じ品物をお渡ししますが、高額の香典をいただいた場合や特に親しかった人には特別なものを贈られるケースもあります。



      香典返しをはじめ、葬儀費用というものは特別な基準というものは無く、頻繁に起こることでもないため、あいまいな基準で判断することになります。



      そのため、実際に香典返しの費用が高いのか安いのかが分からないという方も多くいらっしゃいます。



      特に、葬儀社に全て任せてしまった後になって、もう少し費用を抑えられたのではないかなどという後悔の念に見舞われることも多くあるため、葬儀社選びの段階でしっかりとした相場を把握し、納得のいく説明を受けることができる業者を選択することが重要ですので、数社から見積もりをとって比較すると良いでしょう。
      また、香典返しはあくまでお気持ちの表れですので、不必要に低コストな物を選択すると、葬儀の経験が多い方からはあまり良い印象は持たれないこともあるため注意が必要です。

  • 関連リンク

    • 葬儀は故人との最後のお別れの儀式となるため、親戚や友人、会社の同僚、ご近所の方など、故人と縁のある方が大勢いらっしゃいます。そういった参列者の方へは、香典と御足労いただいたことへのお礼の品として香典返しをすることが一般的です。...

    • 仏式の葬儀は良く知られていますが、神式の通夜から葬儀は独特な儀式や作法が多くあります。神道の通夜祭や葬場祭は、喪中の人は鳥居をくぐる事が禁じられている為に、神社では行わず自宅や斎場で行います。...