葬儀社と契約する時期

  • 葬儀費用の捻出について

    • 葬儀はまとまった金額が必要となり、一般葬では平均として200万前後の金額となります。



      参列者の香典やお供え代で補うことは可能となりますが、それでも半額程度は自己負担となるため、その費用の捻出方法を考えておかなければなりません。



      故人が平均寿命に近い年代の方であれば退職金の残りなどある程度の遺産があったり、自分の葬儀のために貯蓄されている方もいらっしゃること、残された家族もある程度の貯蓄がある方が多いことなど、まとまったお金を用意しやすい環境にありますが、若い世代の方が急に亡くなった場合は非常に困難となります。



      そういった場合は高額な死亡保障で補うことも可能ですが、実際に保険金が下りるにはある程度時間を要することになり、葬儀の支払いは即日〜1週間以内に現金での清算とするケースが多いため、対応するには貯蓄を切り崩すか親族の方に建て替えてもらうなどの必要があります。



      しかし最近では、分割払いに対応した葬儀会社が増えてきたことや葬儀ローンという形でローン会社、信販会社、銀行などから融資を受けられるため、比較的容易に対応することができます。


      しかし、ローンの利用は金利が高めなので長期的な返済プランは注意が必要です。


      保険金が下りるまでのつなぎとして一時的に利用し、繰り上げ返済をすることで金利負担を抑えることが可能となります。

      また、費用が捻出できない場合は小規模な家族葬の選択もあります。



      家族葬の費用は50万前後となるため、一般葬に比べ大幅に費用を減らすことが可能となり、小規模とはなりますが家族や親族、親しい友人と共にあたたかみのあるセレモニーとしての故人を送り出すことが可能となります。



  • 関連リンク

    • 仏式の葬儀は良く知られていますが、神式の通夜から葬儀は独特な儀式や作法が多くあります。神道の通夜祭や葬場祭は、喪中の人は鳥居をくぐる事が禁じられている為に、神社では行わず自宅や斎場で行います。...

    • 葬儀の大事な作業である遺体処理は、国によって大きな違いがあります。日本の医療機関等で死亡が確認された場合、直ちに看護師によりエンゼルケアやエンゼルメイクが施され、自宅や遺族の指定する場所に搬送されます。...